機械数学演習(前半6回:常微分方程式)

受講上の注意
・本演習は「数学1B」(水曜4限)と密接に関連するので,併せて履修することを強く勧める.
・後半6回(ベクトル解析,変分法)は,牛久講師による
成績評価は,小テスト(毎回)および期末試験(1回)による.
毎回の演習の前半は小テストを行い,後半は小テストの解説をする.小テストは添削して翌週以降に返却する.


2016年度 予習問題

(※9/27(火)は休講です)

<第1回(10/4(火)予習問題)>

変数分離形,線形常微分方程式(同次形),1階常微分方程式

<第2回(10/11(火)予習問題)>
1階完全微分形,定数係数2階線形常微分方程式

<第3回(10/18(火)予習問題)>
定数係数2階常微分方程式(非同次形),定数係数高階常微分方程式

<第4回(10/25(火)予習問題)>
連立常微分方程式(2元,2階まで)(同次形,非同次形)

<第5回(11/1(火)予習問題)>
定性的理論,変数係数線形常微分方程式
相図の概形を描く上でのポイント:
・平衡点を明記すること.
・直線を含む場合は,その線を描くこと.
・右回りに凸なのか,左回りに凸なのかわかるように描くこと.
・各線上のベクトルの向きがわかるように矢印を記載すること.
・各線が通る代表的な点を少なくとも1点明記すること.

(※11/8(火)は木曜日の授業につき休講です)

<第6回(11/15(火)予習問題)>

級数解